なんでも本部にお任せするから失敗する

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

なんでも本部にお任せするから失敗する

 

【なんでも本部にお任せでは成功しない】

 

コンビニエンスストア(CVS)は、フランチャイズビジネス(FC)の形式をとっています。

 

フランチャイズビジネスを簡単に説明すれば、本部にあなたが加盟することで、加盟店として、そのブランド名や看板、成功ノウハウを使わせてもらえる仕組みです。

 

そのかわり、あなたは本部に一定のロイヤルティ(利益)を支払います。

 

ただし、加盟店は本部の支店ではありません。

 

あなたは、本部の従業員ではありません。FCは、あくまでも事業主と事業主という立場での契約です。

 

「本部の言うことに従っていれば儲かる」なんて甘い考えは捨ててください。むしろ単独で起業するより、FCはシビアなビジネスです。

 

 

 

【フランチャイズ加盟の誤解】

 

フランチャイズビジネス(FC)に加盟することを誤解している人がよくいます。

 

・FCに加盟すれば楽ができる

 

楽なんて、できません。むしろ、本気のチェーンほど加盟店に要求するレベルは高くなります。

 

常に消費者の要求に応えるため、変化や改革に取り組む必要があります。厳しいチェーンの中で付いていけない。落ちこぼれてしまう。楽をできると考えていた本人にしてみれば、失望してしまうでしょう。

 

・加盟とは本部の傘下に入ること、軍門にくだること

 

昔から自分の家で商売をやっている人ほど、こう考えがちです。

 

正確なデータとリサーチで、新たなチャンスを加盟店にもたらすFCというシステム。これら成功するノウハウを使えるメリットのほうが大きいと考えませんか。

 

それとも、自分には自分のやり方があると強がってFCに加盟せず、先祖代々の店を潰してしまうほうが、よほど先祖に申し訳が立たないと思います。

 

・加盟すると本部に束縛される、制約される

 

あなたのやり方で成功できると考えるのであれば、FC加盟はやめましょう。成功している方法を素直に実践できない人は、FCビジネスに向いていません。

 

あなたのことを思ってされる指導や助言。それを拘束や束縛、制約と受け止めるひとに成功はありません。

 

 

 

【立地もすべて本部にお任せですか】

 

コンビニの店舗開発は「開発本部」「リクルート本部」などと呼ばれる専門部署が担当します。店舗開発員が候補物件を探し出し、最終的に本部が厳しく審査して立地を決定します。

 

通常、立地は半径300メートルから500メートルを商圏に設定します。その商圏の人口、人や車の通行量、競合店の出店状況、店舗の面積などを調査します。

 

さらに、今まで出店してきた過去の調査結果を参考に、候補物件の売上高まで予測します。

 

ただし、ビジネスですから最終的に「やってみなければわからない」のも本当です。そして、店舗開発員にも当たり外れがあります。

 

ノルマに追われた店舗開発員が、あまりよくない立地でも目をつぶって確保してしまうかもしれません。そんな物件を、あなたは知らずに押しつけられる可能性だってあるのです。

 

自分の店の立つ場所です。そして、立地でCVSの成功は6割が決まります。選ばれた立地が本当に良い場所か。

 

オーナーなら自分でも調べ、納得してから開店するくらいの気概と行動力をもちましょう。

 

 

 

>>人に仕事を任せられない


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!