コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

コンビニ経営の魅力を教えてください

 

【質問】

 

日本にはコンビニエンストア(CVS)が乱立しています。そして、そのほとんどがフランチャイズ形式です。

 

とうぜん、それだけフランチャイズ形式のCVSが多いということは、オーナー(経営者)も多いでしょう。

 

経営者が多い。つまり、CVSに魅力があるということでしょうか。CVSの魅力ってなんでしょうか。

 

確かに、リスクも小さそうだし、大手ブランドの名前が使えるなどのメリットもありますが、24時間・365日・年中無休で大変そうだし、本部にロイヤルティ(のれん代)も持っていかれます。

 

自分の自由に商売(経営)もできないから、面白みもない気がします。

 

長くなりましたが、どなたかわたしにCVSの魅力を教えてください。

 

 

 

【回答】

 

コンビニエンスストア(CVS)の魅力は、商売のプロでない素人でも「すでに成功したノウハウを使って」商売ができることです。

 

だから、いままで自分で商売をやってきたけれど先行きが不安な自営業者、会社員で商売をはじめたいけれど経験や技術がない人に向いています。

 

個人でCVSと同等の商売をしようとしても、ほぼ不可能です。まず、売れる立地からわかりませんし、仕入れでつまずきます。商品数、流通、販売システムなど、とても真似はできません。

 

店名や看板をはじめ、それら大手のブランドを使えるから、売れる店は売れます。たとえ、どっさりとロイヤルティを持っていかれても、そこそこ売れる店であれば、平均的な給料のサラリーマンよりは稼げるでしょう。

 

人間、売れると欲がでます。わたしの周囲にもいました。大手CVSだから売れていたのに、「自分の力で売れている」と勘違いしてしまったのです。

 

一流商社に勤めていて、バックに会社があるから皆相手にしてくれていたことに気づかず、退社して独立。自分で事業を始めたら、誰も相手にしてくれなかったパターンに似ています。

 

本部にロイヤルティをごっそり持って行かれるのが嫌で、フランチャイズチェーンを脱退。独自に店を始めましたが、お客様が来ず、一年もたずに廃業してしまいました。

 

商売は、売れればすべて解決します。うまく行けば楽しいし、おもしろいです。売れなければ楽しいとか面白いとか考えている余裕もありません。

 

また、自分の自由に商売をしたいのであれば、フランチャイズビジネスは向いていません。商売の素人でも、数か月で立派なスタッフが育つ「成功ノウハウ」。素直にノウハウを実行する人間でないと成功しません。

 

24時間・365日・年中無休のCVSは、確かに大変です。最初の三か月から一年は、一番忙しい時期でもあります。夫婦で協力して乗り越えましょう。

 

>>コンビニ経営は儲かりますか


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!