コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

コンビニの混雑する時間はいつですか

 

【質問】

 

コンビニで一番忙しい、混む時間はいったい何時ですか。時間と曜日も教えてください。

 

あと深夜に開いていますが、お客様ほとんどいません。アルバイト2人雇って、電気代も含めたら時間3千円以上の経費がかかっているでしょう。

 

利益ありませんよね。なぜ、そんな無駄なことをするのでしょう。

 

 

 

【回答】

 

立地にもよります。また近くに学校や工場、駅があるだけでも変わります。

 

立地の良いところは、24時間フル回転のところもあります。

 

忙しいといえば、朝と夕方の通勤時間。朝はとくに急がされます。皆さん、出勤途中ですから。商品の購入点数(購入金額)は少ないけれど、ゆっくりはしていられません。まさに戦争状態です。

 

仕事をしている人のご飯時も混みます。昼・夕ですね。駅ちかくの場合、終電までの時間はダラダラと人がやってきます。

 

住宅街や学校、ビジネス街、工場が近いところは昼間混雑します。そして夕方から夜。帰宅途中の会社員が、ずっと途切れません。忙しいけれど、売れる時間でもあります。あとは家に帰り、自分へのご褒美の酒やつまみ、弁当や朝食用のパンや牛乳も売れます。

 

繁華街であれば、深夜から明け方が混みます。とくに週末の金曜日・土曜日。また、新商品の展開やイベントがある日曜日・月曜日は、混雑に関係なく忙しいです。

 

さて、深夜の営業についてです。

 

確かに計算では、利益はありません。ですが不思議なもので、24時間・365日、年中無休で営業していることで、深夜以外の16時間にお客様がやってきます。

 

それは「いつでも開いている」という安心感がそうさせます。

 

たとえば朝の7時にいつも混雑しているコンビニ。もしも深夜営業をしなければ、十分にお客様が集まらなくなるのです。

 

あとは、深夜に棚卸しや品出し、掃除やゴミ捨て、コーヒーメーカーの洗浄、割り箸、スプーン、ストロー、コーヒーカップなど備品の追加をしています。その時間があるから、早朝のキレイで品ぞろえの良い売り場が保たれるのです。

 

さいごに、インターネットの掲示板に質問している学生さん。楽な時間を選びたいのはわかりますが、アルバイトだって仕事です。楽ばかり考えず、一生懸命やってみましょう。そこからきっと得るものもありますよ。

 

>>コンビニ最新情報(ニュースはこちら)


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!