次世代コンビニ(セブンイレブン)

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

次世代コンビニ(セブンイレブンの場合)

 

【次世代コンビニ】

 

人手不足や売れ筋の変化。環境への配慮など、コンビニも次世代に変化しています。

 

売れる商品をレジやポイントカードで把握するだけでなく、売れない商品もカメラで売り場をチェックすることでデータを収集。

 

長寿命で省電力のLED照明やノンフロン化した冷凍ケース。さらに自家発電の導入の次は、無人レジの開発・導入など更なる進化をめざしています。

 

そんななか、盟主でもあるセブンイレブンが創業以来はじめて、なんと40年ぶりに店舗のレイアウトを全面刷新します。

 

 

 

【この10年で売れ筋商品が大きく変化した】

 

 

コンビニがPOSレジで数々のデータを収集していることを知らない人はいないでしょう。

 

そのデータによれば、2006年から2016年までの10年間でセブンイレブンで売れる品目は大きく変わりました。

 

2006年に比べた2016年の平均販売金額の増減率は増加したものは

 

・冷凍食品が350%以上
・揚げ物やコーヒーなどのカウンター商品が150%以上
・タバコは30%ちかく
・おにぎり、パン、デザートなどのデイリー商品が10%

 

などで、逆に減ったものは

 

・雑貨
・酒類
・雑誌やコミックス

 

があります。

 

 

 

【セブンイレブンが出した次世代コンビニの答え】

 

 

売れる物の売り場を増やし、売れないものの売り場は減らす。スーパーなどでもやっている手法です。

 

従来の入り口からすぐに並んでいた雑誌売り場を大幅に減らし、壁側から内側に移動。幅も半分に。内側の売り場の棚は6段から8段に変更。

 

大幅に増えたのは冷凍食品ケース。入口の壁一面に果物など品ぞろえを拡充し、ケースも2台から6台に。出入り口の右側には買った商品を飲食できるイートインスペースがあり、複数人が気軽に座れる。

 

レジカウンターも入口すぐでなく、店内奥に変更。まるでホテル並みの巨大カウンターを設置。カウンターの長さは従来の3割増しの約9メートル。揚げ物やカフェを充実。

 

飲料の位置は変更なし。冷蔵食品は旧レジカウンターの位置に移動。

 

セブンイレブンは2018年2月までに110の新店と、800の既存店を新レイアウトに変更。2022年2月期までには既存の1万店を新レイアウトにする計画です。

 

 

 

【女性客が5割。シニア客は健康・少量が重要に】

 

 

セブンイレブンの顧客の49%は50歳以上の女性。つまりシニア。そうなると自然に健康・少量が重要なキーワードになります。

 

 

 

【儲かる宅配を自前で提供】

 

 

店であつかう2900品のほぼすべてを500円以上買えば無料で届けるセブンイレブン。

 

セイノーホールディングスと組み、ハーティストと呼ばれるセブン専属の配達員たちが配達をします。配達員は多い日には30件から40件の配達をこなします。店に行き商品を受け取り、利用者宅に配達する。

 

セイノーへの手数料はセブン本部と加盟店で折半。1日10件以上の注文があれば十分に採算があう。これまでは店員が通常業務をこなしながら配達していたため、注文に応じきれなくなる不安からサービスを売り込んでいませんでした。

 

手間が増えず、売上も増える。こうなれば配達サービスが全国に普及するのも早そうです。

 

 

 

>>宅配ロッカーの設置で社会的インフラになったコンビニ

【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!