コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

インターン制度で独立する方法

 

【インターン制度とは】

 

インターンとは、契約社員として働き、給料をもらいながら店舗運営を学んで独立する制度です。

 

制度自体は10年以上前からあります。ここ最近、加盟店を幅広く集めたい本部が導入しはじめるケースが増えています。「お金はないけど、やる気はある」という人のための制度でしょう。

 

コンビニエンスストアでは、ローソンやミニストップなどがインターン制度を導入しています。

 

インターンの期間は、ブランドによって異なります。3ヶ月から1年と幅があります。

 

 

 

【インターン制度のメリット】

 

・給料をもらいながら経験を積むことができる
・そのチェーンの会社の実態を知ることができる
・自分自身の適性を見極めることができる
・本部とのミスマッチが防げる
・開業時に優遇措置があることも

 

 

 

【インターン制度のデメリット】

 

・適性がないと判断されれば開業できない
・インターンが終了しても店舗がみつからず、すぐに開業できないこともある

 

 

 

【ローソンの場合】

 

FCオーナー・インターン制度では、加盟金(契約金・研修費・開店準備手数料)の150万円(税抜き)を全額免除します。また出資金150万円(消費税不要)は、分割支払いも利用可能。

 

なにより給料をもらいながら、現場で学んで独立できます。期間は、1ヶ月から3ヶ月間。なおFC契約時に配偶者の専従者がいることが条件です。

 

 

 

【ミニストップの場合】

 

・最長で半年間
・最短で12週間
・単身で独立が目指せます

 

>>資料請求はこちら

 

 

 

【ファミリーマートの場合】

 

ファミリーマートが、単身者もオーナーになれるよう条件を緩和しました。

 

ファミリーマートは2016年5月17日から新たな契約条件を取り入れ、インターン社員として事前に研修を受ければ単身者でも加盟店のオーナーになれるようにします。

 

いままでは原則夫婦2人が専業で働けることでしたが、各コンビニ本部によるオーナー希望者の争奪戦が激しさを増す中で、多様な契約の条件を用意して人材を確保します。

 

通常のオーナーは1カ月弱の研修で店舗を開業できます。単身者で加盟店のオーナーになりたければ、インターン社員としてファミリーマートに入社。その後、6カ月から1年、店舗勤務などの経験を積み、一定以上の技術を身につけるのが必要になります。

 

ファミリーマートは毎年1000店程度の出店を続けています。オーナーになる条件を緩和することで、優秀な加盟店オーナーを増やしたいと考え。

 

2016年2月にも契約条件を変更し、70歳からオーナーとして契約できるようにしています。

 

 

 

【ターンキー制度の有無は要チェック】

 

ターンキー制度とは、「鍵を回せばすぐに使える」という意味。

 

フランチャイズの本部が店舗設計や商品の仕入れ、陳列などすぐに開業できる状態で店舗を加盟店オーナーに引き渡す制度です。

 

開業場所がなければ費用も時間も余計にかかります。ターンキー制度の有無は必ずチェックしておきましょう。

 

 

 

【本部がチェックするポイント】

 

あるブランドの本部では、インターンの合格判定をするさい注目するのは

 

・将来のビジョン
・覚悟
・コミュニケーション力

 

の3点。

 

研修で自分が覚えるだけでなく、その覚えたことを人に教えられるかどうかも重視されています。

 

>>コンビニはすぐに潰れる

 


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!