コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

精度の高い発注とロス対策

 

【ファストフードは、コンビニの主力商品】

 

コンビニエンスストア(CVS)の店内には、約3000種類以上の商品が存在します。そして、一年でだいたい70%の商品が入れ替わっています。

 

約3000種類のうち、約40%がファストフード、日配食品、加工食品などの食品類です。

 

そして、サンドイッチ、弁当、おにぎり、おでん、中華まん、惣菜などのすぐに食べられるファストフードは、コンビニの売上の30%を占める主力商品です。

 

 

 

【ファストフードの弱点】

 

すぐに食べられるファストフード。売上の主力となるファストフードの発注には気をつかいます。

 

なぜなら、ファストフードは賞味期限が短いから。さらに天候など、いろいろな条件で売れ行きが変化します。

 

売れ残ると捨てます。そう廃棄です。廃棄ロスは、店の利益を減らします。だから、とくにファストフードの発注には神経を使います。

 

 

 

【発注の好循環と悪循環】

 

賞味期限の短いファストフードの発注を抑えれば、廃棄ロスも少なくなるのでは・・・。そう考えるオーナー(経営者)もいます。「残るより、売り切れたほうがいい」と考えて、わざと発注を減らします。

 

廃棄ロスを恐れ、ファストフードの発注を抑えたらどうなるでしょう。

 

欠品が増加し、機会ロス(チャンスロス)が発生します。欠品が続くと、お客様は店に来なくなります。欲しい商品が二度ないと、来なくなるという説もあるくらいです。

 

売り切れ(欠品)はお店側の満足でしかありません。お客様にとっては不満であり、店にとってミスです。

 

・発注の悪循環

 

廃棄ロスを恐れ、発注を抑える。欠品が増加する。お客様が離れる。販売量が減少する。そしてまた発注を抑える。さらに欠品が増加し、お客様が離れます。まさに悪循環です。

 

・発注の好循環

 

発注の悪循環を避けるには、ある程度の廃棄ロスが出ることを覚悟して、強気の発注を行います。

 

ボリューム感あふれる陳列をして、お客様の購買意欲を高めることで、販売量が増加し、発注する量を拡大します。これが発注の好循環となります。

 

もちろん、無謀な発注は大量の廃棄ロスを生みます。コンビニの仕入れの基本は、納品のトラックが来る前に、売り場にそれぞれの商品が一個ずつ残っていることです。

 

 

 

【鮮度管理は最新の注意を払う】

 

コンビニエンスストアは、ファストフード(食品)の取り扱い比率が高いため、鮮度管理に細心の注意を払います。

 

コンビニ基本原則である品切れ防止、クレンリネス、フレンドリーサービスとちがい、鮮度管理は食中毒の発生など、お客様に直接、危害を及ぼす危険性があるためです。

 

 

 

【ロスに敏感であれ】

 

コンビニで発生するロスは、以下となります。

 

・売り場で発生するロス(値下げ、廃棄、万引きなど)
・廃棄ロス
・値下げロス
・返品ロス
・棚卸しロス(品減り)
・品切れロス(機会ロスにつながる)

 

 

 

【売れない店ほど店長が一人で発注をしている】

 

コンビニでは、毎日1000種類の発注があります。

 

1000種類の発注が終わるまで、一人では何時間もかかります。体も疲れ、頭もボーっとしてきます。売れない店ほど、こんな状態の店長が一人で発注しています。

 

何も考えずにした発注は、大量の機会ロスや廃棄ロスを生みだし、その結果、さらなる客離れを生み出します。

 

 

 

>>良いスーパーバイザーがいる


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!