コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

コンビニの開業は独身ではできませんか

 

【質問】

 

コンビニエンスストアの本部にもよりますが、夫婦であることが条件と聞いたことがあります。本当でしょうか。そして、その理由はなぜでしょうか。

 

また、独身では加盟できないのでしょうか。

 

 

 

【回答】

 

フランチャイズチェーンにもよります。本部によっては独身でも加盟は可能です。

 

ですが、常識的に考えてみてください。24時間・365日・年中無休のコンビニです。あなた一人で何日もちますか。

 

そのための夫婦であり、家族や親戚なのです。なお、必ずしも夫婦である必要はありません。

 

具体例として、ローソンであれば店舗専従者2名で経営できることが条件。この店舗専従者は、夫婦だけでなく、親子、兄弟、三親等以内の親族であればなることが可能です。

 

コンビニは、年中無休・24時間・365日営業です。店舗専従者が1名では、病気で倒れてしまったなどのトラブルがあった場合、営業ができなくなるからです。経費で一番高いのは人件費です。2人いれば、その分人件費も浮かすことができます。

 

独身でコンビニ経営を始めるかたは、できれば開業までに結婚しておくことをお勧めします。なぜなら、開業してからの一年間はとても忙しく、異性と出会う暇もありません。

 

ミニストップのように1人で開業できる本部もあります。ミニストップは、働いて給料をもらいながら独立できる、インターン独立契約社員制度があります。

 

なお、コンビニの成功は、立地とブランド(本部)で決まります。本部選びは慎重にしましょう。

 

まず、どのチェーンがいいのか。どの本部にするかを決めます。一番お勧めの方法は、売上や店舗数トップのチェーンでアルバイトすること。そして、店のオーナーと仲良くなり、少しずつ相談していきましょう。

 

インターネットの掲示板に出ている情報は、失敗した人、または挑戦もせずに諦めている人の話ばかりです。

 

そもそも、オーナーの年齢制限や契約条件などをインターネットの掲示板で質問している人がいます。本部の公式サイトやこちらなら無料でセブンイレブンやミニストップなどのパンフレットが一括で請求できます。

 

コンビニのオーナーは経営者です。経営者になるのであれば、正しい情報を手に入れる努力を怠らないようにしましょう。誰かが回答してくれるまで待っているようでは、チャンスをつかむことはできません。

 

成功している人は、失敗した人とどこが違うのかを意識してみるといいでしょう。あなたの成功法則がきっとみつかるはずです。

 

コンビニの良いところは、低資金でブランドの名前(セブンイレブンやローソンなど)のついた自分の店舗が持て、本部のもっている情報や、成功ノウハウ、個人では用意できないシステムをお借りして、商売の素人でも簡単に少量かつ多品種の商品仕入れができて、非常に会計管理も簡単というところです。

 

>>コンビニの成功は立地がすべてでしょうか


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!