コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

スタッフが定着する店は成功する

 

【スタッフの定着しない店に未来はない】

 

売れている、成功しているコンビニほど、スタッフが定着しています。

 

これだけコンビニエンスストアの数が増えれば、お客様はどの店でも同じ商品を購入することができます。

 

つまり、コンビニだから売れるという時代ではなくなったのです。

 

これからは、立地とブランド以外のプラス何かのある店が生き残ります。そのプラス「何か」が、スタッフです。

 

コンビニは、スタッフの定着率が低い仕事です。だからといって、どうせ辞めるものと考えて接していたら、誰一人として定着しないでしょう。スタッフは消耗品ではありません。

 

考えてもみてください。スタッフが定着しない店に、お客様が定着するでしょうか。身近にあるコンビニに顔見知りがいれば、お客様だって嬉しいのです。

 

 

 

【売上アップはとても簡単】

 

お客様は、顔なじみのスタッフと会いたくて、あなたの店に来ているのかもしれません。

 

お店の売上は、客数×客単価で決まります。お気に入りの店員がいれば、もう一品なにか購入してくれるかもしれません。

 

商売で新規客を捕まえるのはとても大変。けれど、常連にもう一品お買い上げいただくのは、とても簡単なのです。

 

 

 

【スタッフにやりがいを与える】

 

言われたことだけやっていればいい。それで楽しいでしょうか。

 

自分で考え、皆で意見を出し合って工夫して、失敗すれば悔しいし、成功すれば嬉しい。成功して褒められる。そこから「やりがい」が生まれます。

 

やりがいのない店のスタッフには共通した特徴があります。品出しなどの仕事はきちんと行っているし、丁寧な接客もしているのに、目が死んでいます。楽しそうに仕事をしていません。

 

これは、ただ言われたことをやっていることが原因。

 

売れている店は、たとえ高校生でも発注を任せます。責任のある仕事をさせることで「任せられている」という自信と緊張感が本人に生まれ、「どうしたら売れるか」と自分で考えます。そして、なにより売れれば嬉しい。

 

売れているコンビニでは、店員が自分の任された商品の専門家。商売人になっています。マニュアル化に目を奪われがちですが、本来、商売とは面白い、楽しいものなのです。

 

一人一人が責任を持てる作業割当をつくり、やりがいの持てる発注業務を任せましょう。

 

ただし、やる気のないスタッフに責任のある作業を任せると辞める可能性もあります。逆に、能力とやる気があるスタッフに責任のある仕事を任せないのも辞める原因になります。

 

そして最後に忘れてはいけないのは、褒めること。やったことを認め、ほめてあげなければ、決してやりがいは生まれません。

 

 

 

>>タバコは絶対に扱おう


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!