コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

ファストフードの品ぞろえが豊富

 

【ファストフードが豊富に陳列されている店は繁盛する】

 

コンビニエンスストア(CVS)の主力商品は、ファストフード(ファーストフード)です。

 

ファストフードとは、短時間で調理、あるいは注文してからすぐに食べられる手軽な食品や食事のこと。

 

CVSでファストフードといえば、おにぎりやお弁当、サンドイッチ、飲料など。「買ってすぐに食べる、すぐ飲む」のが特徴です。

 

CVSは平均100平方メートルの狭い店舗で、3000近い商品を取り扱っています。そして、主力商品は売上の30%近くを占めるファストフードです。

 

つまり、ファストフードが豊富に陳列されているお店に人は集まるし、売り上げも上がるのです。

 

 

 

【ファストフードをCVSが取り扱う意味】

 

「どうして、賞味期限が短く、廃棄ロスの発生するファストフードに力を入れるんだ!俺の店では、日に10万円分のファストフードを廃棄したこともあるぞ!」

 

何もCVS経営のことがわかっていない素人や、儲かっていないオーナーの声が聞こえてきそうです。

 

コンビニの売り上げは、客数×客単価で決まります。

 

売り上げを増やしたければ、来店頻度を上げましょう。

 

一週間に一度しか来ないひとを週に三回来てもらえるようにする。または、朝だけの来店を朝と夜の二回来てもらうようにする。そうすることで、売り上げも単純に二倍、三倍になります。

 

そして、CVSのお客様の多くがリピーター(常連客)です。

 

では、あなたに質問です。今朝、来店したお客様が「醤油1リットル」を買って帰りました。そのお客様が、あなたの店にまた「醤油1リットル」を買いに来るのは一体いつになるでしょう。

 

三か月後?半年後?もしかしたら一年後かもしれません。

 

でも、ファストフードのお弁当ならどうですか。食べるひとは、朝・昼・晩と一日に三回も食べてくれます。

 

もうわかりましたね。賞味期限の短いファストフードであれば、弁当なら1日、パンなら2日、牛乳でも3日ほどで食べてしまう、使い切るのです。

 

食べてなくなってしまった。人間は生きていれば腹が減ります。次に、このお客様はどんな行動に出るでしょう。

 

そうです。CVSにファストフードをまた買いに来てくれるのです。しかも、賞味期限の短いファストフードを「安いから」という理由で、まとめて買うひともいません。痛んでしまいますから。

 

つまり、ファストフードの品ぞろえが豊富・充実しているCVSほど、リピーターが多い、儲かる店なのです。

 

 

 

【ファストフード、儲けの本質】

 

ファストフードは、釣りでいえば撒き餌(まきえ)です。

 

お客様にお店に来てもらうためのエサ。そして、CVSをよく利用するリピーターは、お弁当やおにぎり、パン以外にも購入してくれます。

 

ほぼ定価のお茶、コーラなどの飲料も購入してくれます。もしかしたら、利益率の高いプライベートブランド商品(PB)を買ってくれるかもしれません。さらに利益が積み重なるのです。

 

もちろん、廃棄ロスを注意して発注するのは当然のことですが、機会ロスを発生させるよりマシだと考えましょう。お客様は、買うつもりで来た商品がそのお店に二度ないと、ガッカリして他店に行ってしまいます。客離れが起きます。

 

機会ロスを恐れて発注を減らす。客がガッカリして来なくなる。ますます売れない。さらに発注を減らす。とうぜん売り上げはガンガン落ちる。

 

この悪循環を断ち切るためにも、ファストフードは強気に発注をかけましょう。もともと、商品を豊富に陳列しなければ、顧客の購買欲を刺激できないのもファストフードの特性ですから。

 

ただし、いくら「強気で!」といっても、無計画だったり、無謀すぎる発注をしてはいけません。

 

 

 

>>売れる時間帯を把握している


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!