コンビニ成功法則【コンビニエンスストアの起業で成功する鉄則】

【無料】コンビニエンスストアの資料を一括請求!

土地や建物がなくてもコンビニなら独立開業できる!
65歳で6店舗を経営する女性オーナーもいます!

>>最大4社の資料が無料で一括請求できる!フランチャイズWEBリポート

フランチャイズのメリット

 

【フランチャイズシステムは「成功のパッケージ」を買うこと】

 

フランチャイズシステムとは、「フランチャイザー(本部)と契約を結んだフランチャイジー(加盟店)が、加盟金やロイヤリティ(ロイヤルティ)などの対価を本部に支払うことで、商標やサービスマークなどの使用権および商品・サービスの販売権を取得するとともに、本部の指導を受けて短期間で事業をスタートし軌道に乗せることを目指す仕組み」です。

 

簡単にまとめれば、フランチャイズシステムとは、本部の成功ノウハウ(成功するための知識や経験)を利用する権利を買う仕組みです。

 

本部には、直営店の経営を通して蓄積してきた「成功するノウハウ」があり、加盟店になればそのノウハウをまとめて活用できます。

 

加盟店は、フランチャイズチェーンに加盟すれば、すぐに見た目も中身も本部とおなじの店舗で、おなじ商品やサービスを販売することができます。見た目も中身も同じですから、開業当初から、一定の集客力は約束されたようなもの。

 

独自にコンビニと似た小売店を開業するよりも、成功の確率は高くなるのです。

 

 

 

【フランチャイズシステムのメリット】

 

すでに、一万以上の店舗で活用されてきた成功ノウハウを利用して開業します。そのため成功する確率が高い。ある経営コンサルタントは、フランチャイズを利用して開業すれば、5年後には65%の店が生存しているといいます。

 

商売の素人でも、手厚いサポートでコンビニ経営ができるようになる。開業にむけた教育指導、開業支援、開業後のサポートが約束されている。

 

原材料や商材。いわゆる商品が、本部を通して安定的に供給される。個人店なら「1個」では注文を断られる商品でも、コンビニならば注文できます。

 

本部からノウハウの提供がある。

 

本部が全国に向けて大々的な広告・宣伝をしてくれる。

 

小資本(少額)で開業ができる。

 

商品開発は本部がやってくれるので、加盟店はとにかく売ることに専念できる。

 

そして最後に。やはりチェーンのブランドイメージ、知名度を活用できる。

 

 

 

【コンビニを支える三本の矢】

 

コンビニチェーンは、本部、加盟店、ベンダーの三本の矢で構成されています。ベンダーは「製品の供給業者」の意味をもちます。商品ですね。

 

本部は加盟店に成功ノウハウを教え、加盟店はベンダーから供給された商品を販売します。

 

本部は大量仕入れで調達コストを抑え、ベンダーは大量に商品が売れるメリットがあります。

 

一年で約七割の商品が入れ替わるコンビニ。商品の入れ替わりが激しいため、小売店は同じ商品を大量に頼むことができません。どうしても多頻度・少量発注になります。ベンダーは、そのために多頻度・小口配送ができる物流システムをもっています。

 

>>フランチャイズのデメリット


【無料】フランチャイズの資料が一括で無料請求できる

給料をもらいながら店舗運営を学べるFCも!
一人でも、お金がなくても独立・開業ができる方法はコチラ!

>>100社以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!